採用コンサルティングの関連情報

HOME新卒採用コンサルティングについて

最終更新日:2017/12/23

新卒採用コンサルティングについて

スーツの男性

企業として「新卒をどれぐらい確保できるか?」は、会社利益を左右するほど大切な業務になります。これもあって企業は学生が就活活動をし始める頃、何とか興味を持ってもらおうと広報活動をするなど様々な努力をすることになります。しかし残念ながら、なかなか上手くいかず新卒確保に失敗してしまう企業が続出してしまうわけです。そこで、採用をコンサルティングで新卒確保しようとする選択肢が出てくるのです。
■採用のコンサルティングで新卒確保とは?
「採用はコンサルティングにて新卒を確保する」この言葉が意味することは、単純で、新卒採用という業務をコンサルティング企業に丸投げすることになります。(もちろん、採用業務の一部だけをコンサルトしてもらうサービスも存在しますが、ここではトータルコンサルティングを指しています)採用に関する知識、スキルを多く持っているコンサルティング企業のため、どのように行動をすれば新卒が入社してくれるというノウハウを持っているわけです。このノウハウに頼って企業が「新卒を入社させて下さい」と依頼することを言います。
■具体的にどのようなことをしてくれるのか?
実際に依頼をした場合、どのような手順で入社を取り付けてくれるのか?ですが、これはコンサルティング企業によって様々です。ただ大まかな流れとしては、興味を持ってくれるような求人票を用意してくれたり、企業公式サイトの採用コンテンツを作ってくれたり、「魅力ある企業」ということを学生にアピールしてくれたりと様々です。ともあれ、学生が「入社したい」と思ってくれるような活動をしてくれます。また、企業側の要望も当然、聞き入れて(◯人欲しい、大卒中心で、大学レベルは中の上からで…など)、その条件を満たすような計画を実行をしてくれます。
■依頼したら本当に新卒を採用できるのか?
企業として気になる部分は、見出しに記載した「本当に入社してくれるの?」という部分ですが、採用コンサルティングは多くの実績を残していることは間違いありませんので、新卒を採用することが出来るでしょう。やはりプロの視線で人材発掘をしてくれるため、効果は非常に大きいです。ただ100%の確率で確保ができるわけではなく、そのときどきの状況によって変わってくることは理解しておきたいところです。ともあれ、企業として大切にして欲しいのは、企業側もビジョンをハッキリとさせる必要があるということ。コンサルティング企業に「こうしたい」という条件をハッキリと伝えるようにしましょう。

一覧はこちら

採用コンサルティングのランキング

TOP